「The Tonight Show Starring Jimmy Fallon」で「Don’t Know Why」披露!

米人気TV番組「ザ・トゥナイト ショー スターリング ジミー・ファロン」に出演、「ドント・ノー・ホワイ」を披露しました!

ノラは20年前の「トゥナイト・ショー」で初めてTV出演を果たし「ドント・ノー・ホワイ」をパフォーマンスしています。

1stアルバム20周年記念盤が輸入&デジタルでリリース!ドン・ウォズとの対談動画も公開!

デビュー作『ノラ・ジョーンズ』(原題:Come Away with Me) の20周年を記念した『ノラ・ジョーンズ【スーパー・デラックス・エディション】』の輸入盤&デジタルがリリースされました!※国内盤は5月20日(1CD)、27日(3CD)発売

合わせてブルーノートの社長であるドン・ウォズとの対談動画「First Look」も公開!

 
前日の配信ライブは、当時レコーディング・セッションが行われたオールエアー・スタジオで行われ、ビル・フリゼール、ブライアン・ブレイド、トニー・シェアという当時のレコーディング・メンバーを引き連れ、アルバム全曲に加え未発表音源からも演奏。一部ジェシー・ハリスも参加するという豪華な内容となりました。アーカイヴは1週間ほど視聴可能。

<WEB>e-onkyo:20周年記念盤レビュー&カタログプライスオフ!

デビュー20周年盤『ノラ・ジョーンズ』(原題:Come Away with Me)
最新リマスターをオーディオ評論家の土方久明氏がレビュー!

▼e-onkyo music
https://www.e-onkyo.com/news/3398/

▼ハイレゾカタログもプライスオフ!
https://www.e-onkyo.com/feature/5515/

20周年記念盤リリース記念ライブ配信決定!

デビュー作『ノラ・ジョーンズ』(原題:Come Away with Me) 20周年盤のリリース(輸入盤・デジタル4月29日/国内盤5月27日)を記念して、日本時間の4月29日(金)午前2時からYouTubeとFacebookでの配信ライブが決定!

「YouTubeとFacebookでのライブ配信で20周年盤のリリースをお祝いしようと思うの。1stアルバムを全曲、そしてボーナスであと何曲かを当時レコーディングに参加してくれた素晴らしい友人たちと一緒に演奏するわ。ぜひ見てね!」

20周年記念盤から敬愛するレイ・チャールズの名曲をカバーした先行SG公開!

デビュー作『ノラ・ジョーンズ』20周年記念盤から先行SG第3弾として「Hallelujah I Love Her So」の配信がスタート!

 
「Hallelujah I Love Her So」は、ノラも敬愛するレイ・チャールズが1956年にリリースした永遠の名曲。

デビュー前、ブルーノート社長ブルース・ランドヴァルの目に留まりデモ契約を交わしたノラは、2000年10月にデモ制作のためのセッション・レコーディングを行い、その一部は『ファースト・セッションズ』として限定リリース。今回はそのセッションからのアウトテイクで、これまで完全に未発表だったもの。

当時のパートナーだったリー・アレキサンダーによるベースとのデュエットから始まり、途中からハンドクラップやジェシー・ハリスのハーモニカなどを交えた仕上がりとなっています。

 

『ノラ・ジョーンズ』』(原題:Come Away with Me)

スーパー・デラックス・エディション(3SHM-CD):UCCQ-1555/7 ¥5,500
通常盤(SHM-CD):UCCQ-1153 ¥2,860
通常盤(SACD):UCGQ-9029 ¥3,960

♪購入・ストリーミング

高校の音楽室で録音したデビュー前の超貴重音源が初公開!

デビュー作『ノラ・ジョーンズ』20周年記念盤から、「春が来たのに」などの邦題でも知られるジャズ・スタンダード「Spring Can Really Hang You Up The Most」が配信スタート!

通っていた高校の音楽室でピアノを弾き語りで録音し、デモ音源をブルーノートに送ったというキャリア最初期の超貴重音源で、今回が世界初公開!

このデモがきっかけで当時のブルーノート社長ブルース・ランドヴァルの目に留まり、後のデビューに繋がった1曲。

デビュー作『ノラ・ジョーンズ』20周年デラックス盤リリース決定!幻のセッション音源の先行配信もスタート!

2002年にブルーノートからリリースされたデビュー作『ノラ・ジョーンズ』(原題:Come Away with Me) のリリース20周年を記念し、最新リマスター&22曲の未発表音源を収録したスーパー・デラックス・エディションが発売されることが決定!

その中から、「カム・アウェイ・ウィズ・ミー (オルタネイト・バージョン)」が先行配信スタート。

世界20ヵ国でチャート1位を獲得、グラミー賞ではアルバム・オブ・ザ・イヤー、レコード・オブ・ザ・イヤーを含む8部門を受賞。これまでに約3,000万枚のセールスを記録し、「史上最高のデビュー作のひとつ」(ローリング・ストーン誌) と絶賛を集めた本作。

ノラ本人とデビューからノラを手掛けてきたブルーノートのイーライ・ウルフ監修による今作はCD3枚組。Disc 1には、当時マスタリングを手掛けたテッド・ジェンセンによるオリジナル・アルバムの最新リマスターを収録。Disc 2には、初期に制作され、ブルーノートとの契約のきっかけになった完全未発表のデモ音源11曲、そしてデビュー当初にプロモーション用として制作されたレアEP『ファースト・セッションズ』が収録。
Disc 3には、ブルーノートとの契約後クレイグ・ストリートのプロデュースでレコーディングされたもの、当時のブルーノート社長ブルース・ランドヴァルの意向によりアルバム収録が見送られた音源を収録。「セヴン・イヤーズ」「フィーリン・ザ・セイム・ウェイ」「ザ・ロング・デイ・イズ・オーヴァー」の3曲が追加の録音とミックスを経てアルバムに収録された以外はお蔵入りとなった幻のもので、全13曲中11曲が完全未発表曲。
また、オリジナル・アルバムの最新リマスターを収録した通常盤(SHM-CD、SACDの2形態)も同時発売。

今回ライナーノーツもノラ自身による執筆。

デビュー作について
「このアルバムは信じられないほど誇らしく、一緒に作ってくれたみんなにとても感謝しているわ。最初の試みとしては良かったと思うし、その時の私音楽的を本当に捉えていると感じたから、最高に誇らしく、望んでいたことを全て実現出来たプロダクションだった。アルバムとしてリリースする前に、いくつかの異なる道を探ることができたことにも今はとても感謝しているわ。レーベルも含め、誰もこのアルバムがこれほどの成功を収めるとは思っていなかった。ブルース(・ランドヴァル)とブルーノートの特別なチームには、自分のサウンドを見つけるチャンスを与えてくれたこと、そして私の思うような作品を作らせてくれたことに一生感謝したい。」

20周年記念盤のリリースについて
「未発表だった音源を聴き返して、誰も聴いたことのないアルバムの別世界にタイムスリップしたような気分になったわ。クレイグ(・ストリート)に今回のリリースについて話をしたら、彼はエンジニアのトニー・マセラティに録音のバランス調整を依頼したらどうかと提案してきたの。これで私のボーカルがより前に出てきて、当時22歳だった小さな自分が新しいことに挑戦し、周りの音楽にうまく溶け込んでいたのをようやく聴きとることが出来たわ。過去20年間に1度しか聴いたことのないこのセッションを再び振り返ったとき、素敵な驚きがあった。クレイグと再会し、当時のセッションを今回仕上げることができて凄くうれしい。私は彼から多くのことを学んだの。私はオールエアー・スタジオで過ごしたあの時間を夢のようなファンタジーのように考えていて、これらの録音を聴くと今でもそのような気持ちになるのよ。」

 

『ノラ・ジョーンズ』(原題:Come Away with Me)
2022年4月29日発売 ※国内盤は5月27日に延期になりました。

スーパー・デラックス・エディション(3SHM-CD):UCCQ-1555/7 ¥5,500
通常盤(SHM-CD):UCCQ-1153 ¥2,860
通常盤(SACD):UCGQ-9029 ¥3,960

♪購入・ストリーミング
 
【CD1】『ノラ・ジョーンズ』20周年記念リマスター
01. ドント・ノー・ホワイ
02. セヴン・イヤーズ
03. コールド・コールド・ハート
04. フィーリン・ザ・セイム・ウェイ
05. カム・アウェイ・ウィズ・ミー
06. シュート・ザ・ムーン
07. ターン・ミー・オン
08. ローンスター
09. アイヴ・ガット・トゥ・シー・ユー・アゲイン
10. ペインター・ソング
11. ワン・フライト・ダウン
12. ナイチンゲール
13. ザ・ロング・デイ・イズ・オーヴァー
14. ザ・ニアネス・オブ・ユー

【CD2】デモ&ファースト・セッションズ
1. スプリング・キャン・リアリー・ハング・ユー・アップ・ザ・モスト ※
2. ウォーキン・マイ・ベイビー・バック・ホーム ※
3. ワールド・オブ・トラブル ※
4. ジ・オンリー・タイム ※
5. アイ・ディドント・ノー・アバウト・ユー ※
6. サムシング・イズ・コーリング・ユー (タブラ・バージョン) ※
7. ジャスト・ライク・ア・ドリーム・トゥデイ ※
8. ホエン・サニー・ゲッツ・ブルー ※
9. ホワット・アム・アイ・トゥ・ユー ※
10. ハレルヤ・アイ・ラヴ・ヒム・ソー ※
11. デイドリーム ※
12. ドント・ノー・ホワイ
13. カム・アウェイ・ウィズ・ミー
14. サムシング・イズ・コーリング・ユー
15. ターン・ミー・オン
16. ローンスター
17. ピース

【CD3】オールエアー・セッションズ
1. アイル・ビー・ユア・ベイビー・トゥナイト
2. アイヴ・ガット・トゥ・シー・ユー・アゲイン (オルタネイト・バージョン)  ※
3. ホワット・ウッド・アイ・ドゥ ※
4. カム・アウェイ・ウィズ・ミー (オルタネイト・バージョン)  ※
5. ピクチャー・イン・ア・フレイム (オルタネイト・ミックス)
6. ナイチンゲール (オルタネイト・バージョン)  ※
7. ピース (オルタネイト・バージョン)  ※
8. ホワット・アム・アイ・トゥ・ユー (オルタネイト・バージョン)  ※
9. ペインター・ソング (オルタネイト・バージョン)  ※
10. ターン・ミー・オン (オルタネイト・バージョン)  ※
11. ア・リトル・アット・ア・タイム ※
12. ワン・フライト・ダウン (オルタネイト・バージョン)  ※
13. フラジャイル ※
録音:ニューヨーク、オールエアー・スタジオ

※未発表音源
 

ザ・ビートルズのルーフトップ・トリビュート・パフォーマンス動画公開!

1969年1月30日に行われたザ・ビートルズの伝説的な屋上コンサートを完全収録した『ザ・ビートルズ:ゲット・バック – ザ・ルーフトップ・パフォーマンス』のリリースを記念し、ノラが自らのバンドとエンパイア・ステート・ビルディングの屋上で「レット・イット・ビー」と「アイヴ・ガッタ・フィーリング」の2曲を演奏。パフォーマンス映像が公開されました!