• 海外のアルバム『ザ・フォール』評

    “Jones is standing tall on The Fall … A terrific batch of songs that smartly address her recent romantic travails.” -USA Today
    ノラは「ザ・フォール」で自信に満ちている。最近のロマンティックな苦悩をスマートに表現した素晴らしい楽曲が詰まっている。(USAトゥデイ)
    “Jones sounds more confident and stretches her songwriting muscle…Her continued growth as a writer, not just as singer, brings another exciting dimension to The Fall."
    -Associated Press
    ノラはより自信に満ちて、彼女のソングライティングの能力を広げたように聴こえる。シンガーとしてだけでなく、彼女のソングライターとしての更なる成長は「ザ・フォール」にエキサイティングな深みを与えている。(アソシエイテッド・プレス)
    “Some of her most unguarded songs…Ms. Jones is making a new start." -NY Times
    かつてなく自分をさらけ出した曲もある…ミス・ジョーンズは新しいスタートを切っている。
    (ニューヨーク・タイムズ)
    "The Fall has been billed as Norah Jones’ rock album. In fact, it’s something even more surprising: a hot-blooded soul record." -SPIN
    「ザ・フォール」はノラ・ジョーンズのロック・アルバムだと言われている。実際、驚きですらある。
    情熱的な魂のアルバムだ。(スピン)
    “…avant-roots music that rocks." -Rolling Stone
    ロックする、アヴァンギャルドなルーツ・ミュージック。(ローリング・ストーン)
    "A voice made to jump genres: Supple, mellifluous, effortlessly sexy." -Entertainment Weekly
    ジャンルを飛び越えるために生まれた歌声。しなやかで、甘美で、ナチュラルなセクシーさ。(エンターテインメント・ウィークリー)
    “Her voice, always sultry, finds new layers of sexiness. -People Magazine
    彼女の声は、いつも官能的で、新しいセクシーさを見せてくれる。(ピープル・マガジン)
    “Norah Jones has moved on. Her imagination’s flying, whether it’s through those instinctive fingers… or the silken sensuality of her voice…” -MOJO
    ノラ・ジョーンズは進化した。
    本能的な指先…またはシルクのように官能的な歌声で、彼女の想像力はふくらむ。(MOJO)
    “The Fall… represents an evolution toward a new sound altogether… Jones maintains her jazzy, sultry sound while pushing into more contemporary pop territory… A warm, organic-sounding record, The Fall showcases Jones’ musical depth in exciting and unexpected ways, suitable for old fans and newcomers alike.” -NPR Music
    「ザ・フォール」は新しいさサウンドに向けての進化を表現している。ノラは、よりコンテンポラリーでポップな領域に踏み出しつつも、ジャジーで官能的なサウンドを保っている。温かく、オーガニックなサウンドのアルバムである。「ザ・フォール」はノラの音楽的な懐の深さを刺激的で想像もつかないような形で表現し、古いファンにも新しいファンにも同様に楽しめるアルバムになっている。(NPRミュージック)
    “Norah Jones could have kept recording iterations of Come Away With Me for decades. Clearly that’s not what she’s doing. The gradual shifts away from that oversize debut have worked so far, and The Fall is an even bigger step away, and a step up in what is still the beginning of a big career… what Jones has done with the new record is indeed another departure. Only this time she’s heading down a louder, dusted-up rock path.” -Newsweek
    ノラ・ジョーンズはファースト・アルバムの繰り返しのようなアルバムを10年間続けて作ることが出来るだろう。明らかに彼女はそんなことはしない。デビュー・アルバムの大成功から徐々に移行する事に成功しており、そして幸運なことに、『ザ・フォール』は大きな一歩であり、そして彼女の偉大なキャリアのまだ始まりの一歩なのである…新しいアルバムは新たなる出発点である。彼女は今回、よりラウドで埃をかぶったロックの道を歩んでいる。(ニューズウィーク)

←SPECIAL一覧